奄美大島でのウェディング撮影を成功させるためのヒケツ ~衣装編~

AMAMIウェディング撮影のおすすめなウェディング衣装

いちばん大切なのは「花嫁さんのパーソナルイメージ」にウェディングドレスが似合っているか。
(小物のコーディネート次第で、似合わせることもOK!)
なのですが、南国でのウェディング写真の場合は「南国ウェディングに似合っているか」・・・も意外と大切になってきます。

ビーチで!空の下で!自然の中で!
室内でのウェディングとは違う解放されたロケーション撮影だからこその表情やポーズ、そして自然との融合した大切な1枚を残すために。

【奄美大島でのウェディング撮影ポイント】をお伝えいたします。

RDAのサンプル撮影用ドレスは、すべて奄美ウェディングに似合うドレスをセレクトしております。

海や自然を思いっきり楽しんでいる写真を撮りたい方!!

奄美大島 ウェディング
【エンパイヤドレス や ミニ丈】のドレスがおすすめです。

♥ ふわふわ軽やかなチュール素材のドレスは、屋外撮影ならではの「風」も味方につけ、ドレス裾やベールが舞い上がった動きのある写真が撮れるかもしれません!

♥ トレーン(裾)が長いドレスよりも着丈に合ったドレスは、ビーチを走ったり、ジャンプをしたりと、身軽で動きやすくキュートな写真が残せます!

♥ ミニ丈ドレスには、アクティブでキュートな写真におすすめ!
  デニムを羽織りかっこいいカジュアルコーディネートも素敵です。


※トレーンが長いドレスもグリーンの上ではとても映えます!
 トレーンが長いドレスでの撮影をご希望の方は、介添え(同行)のご用意をお願いしております。

ロケーション撮影の場合、動くたび、ポーズを変えるたびにトレーンの形を整える必要がでてきます。
また、ドレスが汚れないよう、ドレスの下に敷物をひいての撮影になります。

花嫁さんの姿がいちばん美しい状態になるよう、またスムーズな撮影のために、ぜひ花嫁さんの介添えをつけていただくことをオススメいたします。
(カメラマンは撮影機材や撮影小物を運んだり、撮影セッティングのため介添えはいたしかねます)

海や空とのコーディネートを楽しみたい方!!

奄美大島 ウェディング
奄美 ウェディング

シンプルなエンパイヤドレスやマーメイドドレス(トレーン短め)
「ブルー系」を取り入れて自然になじませたり、ピンクや赤などの「カラフル系」を取り入れてアクセントにするのが、おすすめです!

サッシュベルトをドレスコーディネートに取り入れると、“白のみ”のドレスと、“2トーン”のドレス姿の 2パターンの写真が残せます!

♥ カラードレス(カクテルドレス)は、“ドレスを2パターン持っていきたい!”という花嫁さんや、“白は式本番で着るので別のドレスにしたい”という花嫁さんんにおすすめです!

♥ドレス以外の撮影小物で「色」を取り入れるのもおすすめです!
南国色のブ-ケや、バルーン、ガーランドなど、「白いドレス×カラフル小物」は青い海や緑の背景にピッタリです!

奄美ウェディングの新郎様コーディネートは、新婦様と自然とのバランスを!


もっとも大切なのは、新婦様とのバランス!
新婦様はとってもフォーマルなドレスを選んだのに、新郎様はポロシャツ×短パンでは、バランスが悪くなります。

また、奄美大島の自然の中で撮る場合は、フォーマル過ぎる衣装よりも、自然の背景に映える衣装のほうが南国ウェディングらしい写真が残せます。

♥ 白や明るい色の衣装のほうが、南国の自然とバランスがとりやすい!濃い色の場合はネイビーがおすすめです!
♥ いくらカジュアルでも、襟はマスト!! 短パンもサスペンダーやベストでおしゃれに着こなすと、南国ウェディングにはとっても似合います!
♥ 足元はデッキシューズやスニーカーも似合います。ビーチではビーチサンダルや裸足になっていただくことが多いです。
革靴は砂浜では似合いにくいですが、その場合はアスファルトで海が見える撮影スポットなどへご案内いたします。

奄美大島ならでの和装婚【大島紬】

 

奄美大島を代表する伝統工芸の「高級絹織物 大島紬(おおしまつむぎ)」でのウェディング撮影はいかがでしょうか。
結婚式だけでなく、結婚記念日にもおすすめの大島紬フォト。奄美大島ならではの写真を残せます!

※大島紬のレンタル・着付けは、島内の織元さんやレンタル衣装をご紹介させていただいております。
お気軽にご相談くださいませ。

 

 

PAGE TOP