Relaxing Days Amami -Photo gallaryー

奄美の魅力【モノがない!】

 

 

おはようございます。
今日の奄美は雲り。
そろそろ梅雨入りの雰囲気も出てきたから、「雨の日をどう楽しもうかな~♪」と雨の日プランを考える私。

奄美にいる私のまわりの女性は、雨の日を楽しんじゃうヒトが多いから、
今年は、私も真似するんだ!^^ 笑

 

【奄美の魅力って何ですか?】

このあいだ、トークショーに出演させていただいたときに聞かれた質問
「奄美の魅力って何ですか?」

これに、「モノがない(少ない)」って、こたえた私。

会場は、一瞬ビックリする表情をしたお客様もいたんだけど、これは本音!(*^^*)


instagramに書いたら都会から奄美へIターンしてきたお友達はとっても共感してくれてました!)

 

今でこそ、ネット通販とかで注文すれば、ボタン1クリックで手に入る時代になったけど、
それでもやっぱり奄美にはモノが少ない!手に入りづらい!
(去年まで住んでいた渋谷は、すべてが1時間以内で手に入るって感じだから極端だけど。笑)

今、私が住んでいる場所は“生活するのに不自由はないよね~”・・・程度の物量。
移住直後は私も「アレない!コレない!どうしよう~!!」って毎日言ってました^^;

 

【欲しい!でも無い!・・・そのときどうする?】

でもね、例えばね。 
お仕事終わって、自宅に帰ってお腹がすいたの。

「ごはん食べたい!欲しい!」って思う。

でも、目の前にご飯がないければどうする?

「作る」よね。

今までの私は違った。
「食べに行く(外食)」か「買いに行く」
(その暮らしを続けてきたのもどうかと思うけど。(笑)
東京での1人暮らしは作るよりも買うほうが安い…!?)

 

こんな自然な感覚と同じように、
島の人は何でも「これが欲しい!→作ろう!」っていう発想の人が多くてすごい。

私の場合「あれが欲しい!→買おう!」
今でもすぐネットショップ検索しちゃう(笑)

この「無いものは自分で作る!」って価値観が、奄美に戻ってきて1年で少しずつ変化していることの1つ。

 

 

【モノが自由に手に入らないからこそ、自分でつくる!】

奄美の人は「欲しい!」って思ったときに、
その食材とか、材料とかも、奄美以外のところから調達をしなくてはいけない。

その調達すら難しかった昔と比べれば、今はずいぶん便利になったけど、
それでも島外から調達するには、日数も運搬費もかかる。

 

だから、奄美の人は、
島にある素材を上手につかって「自分で作る!」人が多い。

食材なんて、「地産地消」というより、
むしろ、自分の畑で作った無農薬野菜な人もたくさんいて。

当然って思う人もいるかもしれないけれど、私にとっては衝撃的だった!


(私たちも奄美で初めて野菜作り。無農薬!)

 

お料理が上手な人。
お料理で使う食材を、畑で育てるのが上手な人。
その辺から集めた素材で、ぱぱっと家具を作っちゃう人。
島の人たちは、リユースもとっても上手!

だから職人たちもすごい方が多いのだけど、
プロでなくても、何でも作ってしまう器用な人が奄美には多い。

無いものは「自分で考えて、自分で作る!」

そこに新しいアイディアが生まれたり、
そこにしかないオリジナルが生まれたり。

モノがないからこそ、逆に強みになったりするんだなぁ。
・・・って、私は奄美に住んでからそこに気づくことができました。

お料理も、レシピ通りに食材を買ってきて作る人より、
「何もないけど~」って言いながらも、
冷蔵庫にある限られた食材でも、美味しく作ってしまう女性は素敵だなーって思うし^^


(自分の畑から数種類のハーブとエディブルフラワーをパパッと摘んでハーブティーを入れてもらいました。そんな女性って憧れ♡)

 

【モノづくりの島】

何かを作るために、都合の良い素材を集めるのではなく、

「ソレしかない」
「作るしかない」

っていうのは、それを前向きにとらえた人にとっては、究極のこだわりに繋がるのかも。

 

奄美大島は、
「モノがない。(少ない)」からこそ、
そこから生まれる唯一が多い魅力的な モノづくりが上手な島。

 

何かを買うときのセレクト力は磨いてきたけど、
何かを作るってことは、全然できない私。^^;

奄美大島で学ぶことがまだまだたくさんありそうです!

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP